メキシコ雑貨、グアテマラ雑貨!アルテサニア・マヤは、街のウイピル屋さん☆メキシコ&グアテマラの手仕事をお届けします♪

 

一冊
本を通して中南米を知る



メキシコの刺繍

小澤 典代 著

 

メキシコの各地の刺繍を
まとめた本。

見ていてワクワクする
素晴らしい本です!

アルテサニア・マヤから
ポンチョ掲載♡

 

 

 


ルテサニア・

ネットショップランキング
に参加しています♪

下のアイコンをそれぞれ
クリックして応援投票
よろしくお願いします

中南米雑貨
中南米雑貨

       

 

ホームグアテマラ【ウイピル】民族衣装グアテマラ民族衣装ウイピル☆サンアントニオ
商品詳細

グアテマラ民族衣装ウイピル☆サンアントニオ[A-28]

[在庫なし]

グアテマラウイピルサン・アントニオ・アグアス・カリエンテス
 

グアテマラの古都アンティグアの近郊の村、San antonio aguas calientes
という村の民族衣装です。

この村の民族衣装(ウイピル)は、グアテマラで一番美しいと言われています。
それは、この村だけが両面同じ織りをすることからです。

こちらのウイピルには、肩の部分に両面織が入っています。

この両面織はとても時間のかかる織り方で、仕上げるのにかなりの時間を要します。

美しい動物や幾何学模様を織りなして、サンアントニオの織は出来上がります。
こちらのウイピルの地は、ネイビーです。
状態もいいので、ぜひ着ていただきたい一枚です。


現地の人たちは、これにコルテと呼ばれる厚手のスカートをはきますが、
日本ではパンツやスカートに合わせて着ていただけると思います。
しっかりとした生地なので、温かいです。


着用以外にも、このまま壁などに飾っていただいたりとインテリアにもなります。

全てが手作りのため、同じものはありません。

サイズ:67m×59cm
コンディション:
状態は良いですが、裾に糸のほつれなど少しあります。


裏表だいたい同じ柄です。

腕の出すところは、それぞれの大きさに合わせて使用するため、その名残があります。
着用の際には、腕の大きさに合わせて、とめていただければと思います。

 

 ☆☆☆グアテマラの織物☆☆☆

先住民族の多いグアテマラの村々では、今でもこういった衣装を普段から着ています。
グアテマラの織物は、母から子へと受け継がれる伝統の衣装です。
心を込めて織ったものを、大切に着て、受け継いでいきます。

それぞれの村で異なる織物に、コレクターもいるほどで、グアテマラの織物は
世界的にも評価を得ています。


全てが手作りのため、同じものはありません!
グアテマラの織物の素晴らしさを楽しんでいただければ幸いです。

こちらに少しこの衣装について書いております→コチラ

 

サンアントニオ村のお母さん。
腰機というやり方で、この織物を織っていきます。
私はこの家で、織物を習っていました!

 

☆☆お願い☆☆

基本的にグアテマラの民族衣装は、アンティークの一点ものです。
グアテマラでの手作りの織りのため、糸のゆるみやほつれなどがございます。
その点をご理解の上、ご購入ください

 

 

 

 こちらが肩の部分の両面織 ↓ 表面

 

 ↓ 裏面 ↓ こちらの村の織物は裏面もキレイなんです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

関連商品